YOUTUBEチャンネルがスタート

FEELGOOD の YOUTUBEチャンネルがスタートしました。

子供から大人まで全ての人にプラスになるような情報を発信していければと思います。

応援よろしくお願いします。

世界には勇気づけられたり、感動したり、ワクワクするようなニュースが溢れています。

しかし、テレビや新聞などでは毎日のように悲しいニュースや怒り、ゴシップなどで、

悪いエネルギーを広め続けています。

「笑う門には福来る」に対して、いつも怒りや悲しみのエネルギーを身にまとっていたら・・・?

自分の環境や状況などは、自分自身でコントロールできるはずです。

という事で第一回目は、「笑う門には福来る」をテーマに進めていこうと思います。

「笑う門には福来る」とは、いつも笑い声が溢れる家には、自然に幸運が訪れる。

明るく朗らかにいれば幸せがやってくるという意味です。

また、悲しいこと・苦しいことがあっても、希望を失わずにいれば

幸せがやって来るということを表しています。

・・・楽しいこともないのに「笑えない」という人がいますが、

そもそも、楽しいことを探そうとしているのでしょうか?

自分が悪い状況に陥った時、何かや誰かのせいにして

負のスパイラルに陥っている人を見かけます。

自分自身が笑えるようなことを考えていない、

心が明るくなることを考えようとしていないから笑えなくなっている

と思えるようになれば、状況が変わっていく事に気づくかもしれません。

腹が立って怒っているのは、腹が立つようなことを考えているから。

落ち込んでしまうのは、落ち込んでしまうようなことを考えているから。

人は何を思い感じているかで、人生自体が全然違ってくるのです。

笑えることや面白いことを、いつも考えるようにすればいいのです。

そのためのコツは「自分とまわりの人が笑えることや楽しいことって、

一体何だろう……?」というふうに、常に考えてみることです。

そんなことを考えていると、悩みたくても悩めなくなります。

なぜなら、私たちは一度に2つのことを考えられないから。

最後に、笑いのエネルギーについて。

●笑いが多いと、心身ともに健康になります。
●笑いが多いと、脳が活性化して、プラス思考になります。
●笑いが多いと、アイデアが生まれやすくなります。
●笑いが多いと、性格も明るくなって、悩みにくくなります。
●笑いが多いと、楽しい仲間が集まってきます。
●笑いが多いと、人生が楽しくなります。
●笑いが多いと、自分が幸せだと思えるようになってきます。

エネルギーは同じ種のものを引き寄せあいます。

良いエネルギーを常に身近に感じ、より良い現実を引き寄せて豊かな人生を創造しましょう!!

ご視聴ありがとうございました。

チャンネル登録もお願いします。

feelgoodweb master

投稿者プロフィール

好奇心旺盛なワクワク人間です!
人を驚かせたり、喜んでもらえる事をするのが好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ホメオスタシスの操り方
    運動器(骨・筋肉・関節・神経)の治療で悩む、すべての人。そして、変わりたいのに変われないと悩む、すべ…
  2. 結婚式の準備をしている時「どうしてこんなに費用がかかるの?」「いくらなんでも高すぎる!」と感じてしま…
  3. 雑誌とWEBを合わせた掲載自治体数は200自治体を超え、両掲載の返礼品数は15,000点を突破し、定…
  4. 「junijuni(ジュニジュニ)」は東京ガスが新提案する家計と地球にやさしいお買い物ができるシ…
  5. 太陽の1600倍の力の強力な紫外線(UVC)ライトと超音波のW作用でウイルス・細菌・ダニを徹底除…

おすすめ情報

  1. 初心者向けヴァイオリンレッスンDVD1弾~3弾電子ヴァイオリンセット

    難しい楽器、子供の頃から英才教育でやっている楽器、といえばヴァイオリンやピアノを挙げる方も多いのでは…
  2. アンケートに答えるだけで現金や金券と交換可能なポイントを稼ぐことができます

    簡単なアンケートに答えるだけでポイントが貯まります。貯めたポイントは、現金やギフト券、電子マネーに交…
  3. 退職したくてもできない人は退職代行ガーディアンに相談を!

    会社を辞めたいけど辞められていない方は多いと思います。一人で悩まずに一度相談してみてください。 ガ…
  4. 水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~

    スイマーの方たちが、悩んでいることは数多くあります。そのうちの一つが泳法です。 時代とともに、…
  5. 自費出版が丸ごとわかるガイドブックプレゼント!

    最近は30代から50代のベンチャー企業の社長や、個人でもビジネス要素の強い本を出版するケースが増えて…
リサーチパネル
ページ上部へ戻る