水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~

スイマーの方たちが、悩んでいることは数多くあります。そのうちの一つが泳法です。

時代とともに、4種目に共通する泳法。または種目ごとの泳法など、さまざまな科学的研究が繰り返され、泳法は進化を遂げてきました。

水泳での悩みや勘違い

  • 練習しなくても出ていたタイムが最近は練習しても出なくなってきている
  • 今のは良かったんじゃ?と思ってタイムを確認すると、普段とほとんど変わっていないどころかむしろ遅くなっている始末
  • 同じ時期に水泳を始めた水泳仲間は、自己ベストを更新しているのに、自分は一向に更新できずにいる
  • 年を重ねはしたもののまだいけると思っていたけれど、最近はもう体力の限界でこれ以上タイムを縮めるのは無理なんじゃないか?と思うようになってきた
  • 同級生はどんどん速くなっているのにうちの子供は全然……
  • 前半はいいけれども後半になるとどんどん遅くなって前半と後半の差が大きい

また、こんな古いままの指導を正しいと信じ込んでいませんか?

クロールや平泳ぎ、バタフライではS字を描くようにしてかく ⇒NG!
クロールや背泳ぎはローリングすることが当然だと思っている ⇒NG!
これらは一昔前はよかったかもしれませんが、今はもう間違ったやり方であるといえます。

水の抵抗を減らして楽に速く泳ぎたいと思ったら、クロールの際にS字を描いて水をかいてはいけませんし、ローリングもできるだけしないようにします。もはやローリングという言葉すら使わない指導者もいます。同様に平泳ぎやバタフライのプルもS字を描くようにしてはいけません。

水泳の理論や指導法というのは時代とともに変わっていますから、最新の研究結果や経験から分かっていることを上手に取り込むことが大切です。

しかし、昔のままの指導を延々と行なっている指導者は後を絶ちませんし、指導を受けずに自己流で泳いでいる人はなかなか最新の情報は分かりません。昔教えられたことや仲間内での噂レベルの方法、自分の古い経験をもとに間違った非効率な練習に取り組んでいることも多いようです。

水泳でタイムを伸ばす上で大切になるポイント

  1. 水の抵抗を減らす
  2. 自分の力を推進力に変える

特に大切なのが抵抗を減らすということです。もっというと、 無駄な抵抗が生まれてしまっていることが、速くならない最大の原因とも言えます。

いくら筋力や体力をつけようとも無駄に力を削られてしまっては元も子もありませんし、水の抵抗は陸上での空気抵抗とは比較にならないほど大きく、一所懸命に速く動こうとすればするほど余計に抵抗が増えてしまい、体力は削られてしまいます。速く動こうとすればするほどキツくなるのは体感的に分かりますよね。

ですから、筋力アップや体力アップを考える前に、まずは水の抵抗をできるだけなくすことを考えたほうが得策です。水の抵抗という無駄をできるだけなくして初めて筋力や体力を考えるべきでしょう。

ですが、多くの人がどうしたら水の抵抗を極力減らして泳げるのか?その方法が分からず、タイムが伸び悩んでいるというのが現状ではないかと思います。

誰も教えてくれませんし、教えてくれる指導者が理解していないケースがあるのですから当然といえば当然なので、あなたが悪いわけではないのですが。

ちなみに、よくある悩みの1つに後半になるにつれて前半のスピードがなくなっていって、前半はと後半の差が激しいという声がありますが、これは体力や筋力がどうこうということよりも、水の抵抗を下げる方法を知らずに、余計な抵抗が大きくなっているからです。

毎回のストロークやキックで余計な力を使って体力を削り取られているわけですから、非常にもったいないことをしているのですが、多くの人がそれに気づいていません。

ただ、先程も言いましたたとおり、誰もが最先端の理論を知っているわけではありませんから仕方のないことだとは思います。

最もやっかいなのは指導者の知識が古いままで一昔前の指導方法がいつまでも通用すると思っていることです。指導を受けている人は正しいと思っているし、指導する側も正しいと思っていながら、間違ったことを延々やっているわけですから悲劇としかいいようがありませんね。

ですから、繰り返しになりますが、まずは正しい知識を得て抵抗をできるだけ減らすということから取り組むのが先決です。

そうすれば、無駄がなくなり速く楽に泳ぐことが可能になるわけですから。つまり、今の体力や筋力はそのままでも正しい泳ぎ方をすることでタイムを伸ばすことが可能ということです。

藤森先生の指導実績

シドニー五輪にて400m個人メドレー銀メダルの田島寧子選手、世界水泳2017では銀メダルを獲得した小関也朱篤選手、リオ五輪出場の藤森太将選手(藤森先生のご子息)などなど、藤森先生の指導によって数多くの選手が生まれています

リオ五輪では競泳の代表選手に6名が日体大の卒業生か現役生から選ばれていることからも、藤森先生の指導がいかに適切かが分かると思います。

世界水泳やオリンピックを見てもそうですが、もはや1軸で泳ぐトップ選手は皆無に等しいでしょう。今やトップ選手は2軸に泳法になっている選手がほとんどです。

科学的に合理的な泳法ともいえますので、当然といえば当然なのですが、「でも、2軸はトップ選手じゃないとできないのでは……?」「なんだか難しそう……」と心配される方もいるようです。しかし、心配無用です。

常人では真似できないような特殊な体の使い方をするわけではありませんし、体力や筋力がないとできないようなものでもありません。単にやり方を知っているかどうかの違いですから、泳げる人ならできる泳法といえます。

実際、一般のスイマーの方でも2軸で泳ぐようになったら50mでなんとタイムが2秒も縮んだ人がいるそうです。

水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】

TAKAweb master

投稿者プロフィール

いろんなことを探求するのが好きです。
曲がったことが大嫌いで、何よりも正直で誠実な人を好みます。
「ハイキュー!!」「鬼滅の刃」「ONE PIECE」にはまっています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 雑誌とWEBを合わせた掲載自治体数は200自治体を超え、両掲載の返礼品数は15,000点を突破し、定…
  2. 「junijuni(ジュニジュニ)」は東京ガスが新提案する家計と地球にやさしいお買い物ができるシ…
  3. 太陽の1600倍の力の強力な紫外線(UVC)ライトと超音波のW作用でウイルス・細菌・ダニを徹底除…
  4. ドローンを操縦するのが趣味っていう人は、仕事として考えてみてはどうでしょうか? ドローン操縦士回転…
  5. 「必ず儲かる」「絶対に稼げます」という言葉に騙され高額な商材を購入した方は泣き寝入りしないでください…

おすすめ情報

  1. 初心者向けヴァイオリンレッスンDVD1弾~3弾電子ヴァイオリンセット

    難しい楽器、子供の頃から英才教育でやっている楽器、といえばヴァイオリンやピアノを挙げる方も多いのでは…
  2. アンケートに答えるだけで現金や金券と交換可能なポイントを稼ぐことができます

    簡単なアンケートに答えるだけでポイントが貯まります。貯めたポイントは、現金やギフト券、電子マネーに交…
  3. 退職したくてもできない人は退職代行ガーディアンに相談を!

    会社を辞めたいけど辞められていない方は多いと思います。一人で悩まずに一度相談してみてください。 ガ…
  4. 水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~

    スイマーの方たちが、悩んでいることは数多くあります。そのうちの一つが泳法です。 時代とともに、…
  5. 自費出版が丸ごとわかるガイドブックプレゼント!

    最近は30代から50代のベンチャー企業の社長や、個人でもビジネス要素の強い本を出版するケースが増えて…
ページ上部へ戻る