岡本太郎の名言・格言「逃げない、はればれと立ち向かう、それがぼくのモットーだ」

 
今回は、奇才・岡本太郎に学びたいと思います。

岡本太郎は、1911年神奈川県生まれで、父はマンガ家の岡本一平、母は歌人で小説家の岡本かの子。

東京美術学校(現・東京藝術大学)退学後、両親とともにフランスに渡ります。

そして、両親の帰国後もパリに残り、1931年パリ大学に進学。

哲学や心理学、民俗学などを学びながら、パリの美術動向を知ることになります。

 

なかでもピカソの作品に強く惹かれ、力強い輪郭線と原色を多用した作品を発表し、画集『OKAMOTO』の出版ほか、パリの芸術運動に参加するなど活発に活動しています。

しかし、第二次世界大戦の影響を受けて1940年に帰国。

中国への出征を経て、1947年に二科会の会員となり画家としての活動を本格的に再開し、主題から技法に至るあらゆるものを対極的にとらえる「対極主義」を提唱します。

翌年、花田清輝と出会い前衛芸術運動「夜の会」を結成。

多くの作品を制作しながら、54年に著作『今日の芸術』を出版するなど文筆家としても活動し、強い影響を受けた縄文土器や沖縄文化などについて執筆しました。

国内外で活動するなか、70年に大阪で開催された万博のテーマ・プロデューサーとなり「太陽の塔」を発表。

1989年、フランス政府より芸術文化勲章受章。

岡本太郎は、老いを重ねても創作意欲は衰えず、個展など精力的な活動を続けていましたが、80歳のときに自身が所蔵するほとんどの作品を川崎市に寄贈しています。

そして、1996年、84年の生涯に幕を下ろしました。

 

岡本太郎が残した名言に学びたいと思います。

 

自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。

なければなおいい、今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、

決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ。

 

・・・・・・続きは動画でご覧ください。

 

feelgoodweb master

投稿者プロフィール

好奇心旺盛なワクワク人間です!
人を驚かせたり、喜んでもらえる事をするのが好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ホメオスタシスの操り方
    運動器(骨・筋肉・関節・神経)の治療で悩む、すべての人。そして、変わりたいのに変われないと悩む、すべ…
  2. 結婚式の準備をしている時「どうしてこんなに費用がかかるの?」「いくらなんでも高すぎる!」と感じてしま…
  3. 雑誌とWEBを合わせた掲載自治体数は200自治体を超え、両掲載の返礼品数は15,000点を突破し、定…
  4. 「junijuni(ジュニジュニ)」は東京ガスが新提案する家計と地球にやさしいお買い物ができるシ…
  5. 太陽の1600倍の力の強力な紫外線(UVC)ライトと超音波のW作用でウイルス・細菌・ダニを徹底除…

おすすめ情報

  1. 初心者向けヴァイオリンレッスンDVD1弾~3弾電子ヴァイオリンセット

    難しい楽器、子供の頃から英才教育でやっている楽器、といえばヴァイオリンやピアノを挙げる方も多いのでは…
  2. アンケートに答えるだけで現金や金券と交換可能なポイントを稼ぐことができます

    簡単なアンケートに答えるだけでポイントが貯まります。貯めたポイントは、現金やギフト券、電子マネーに交…
  3. 退職したくてもできない人は退職代行ガーディアンに相談を!

    会社を辞めたいけど辞められていない方は多いと思います。一人で悩まずに一度相談してみてください。 ガ…
  4. 水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~

    スイマーの方たちが、悩んでいることは数多くあります。そのうちの一つが泳法です。 時代とともに、…
  5. 自費出版が丸ごとわかるガイドブックプレゼント!

    最近は30代から50代のベンチャー企業の社長や、個人でもビジネス要素の強い本を出版するケースが増えて…
ページ上部へ戻る