【偉人に学ぶ】相田みつを『つまづいたって いいじゃないか 人間だもの』

 
今回は、私が大好きな詩人であり書家の「相田みつを」に学びたいと思います。

詩人・書家として知られる相田みつを(本名は相田光男)は、1924年5月20日に栃木県足利市で生まれました。

父は刺繍職人で、6人兄弟の3男。

みつをは2番目の兄・幸夫をよく慕っていたそうです。

みつをがまだ3、4歳の頃、小学生の幸夫がよく紙芝居を見に連れ出してくれたのですが、家が貧乏で見物代金の飴を買えず遠くから見ていたために幸夫が紙芝居屋に襟首を掴まれて引きずり出され、皆が見ている前でぶん殴られるという出来事がありました。

兄一人なら逃げることができたのですが、弟のみつをがいたため捕まって痛みに耐えたのです。

『歯をくいしばってがまんをしたんだよ 泣くにも泣けなかったんだよ 弟のわたしがいっしょだったから』

 

幸夫は新聞社の模擬テストで県一番に輝くほどの秀才でしたが、家計を助けるため長男・武雄と同様に、小学校を出た後は費用の掛かる旧制中学に通えませんでした。

そして2人の兄の稼ぎのおかげで4人の弟妹たちが中学に行けたのです。

みつをが中学に進むと幸夫は懇々と諭したそうです。

「みつを、中学校ってのは下級生を殴るという噂を聞いたけれども、無抵抗な下級生を殴るのは一番野蛮だぞ。無抵抗なものを絶対に殴るなよ」

「足袋の穴は恥ずかしくない。その穴から太陽を見ていろ」

「どんなにひもじくても、卑しい根性にはならないでくれ」

 

・・・そんな優しい兄たちの人生を戦争が狂わせました。

 

・・・・・・続きは動画でご覧ください。

 

feelgoodweb master

投稿者プロフィール

好奇心旺盛なワクワク人間です!
人を驚かせたり、喜んでもらえる事をするのが好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ホメオスタシスの操り方
    運動器(骨・筋肉・関節・神経)の治療で悩む、すべての人。そして、変わりたいのに変われないと悩む、すべ…
  2. 結婚式の準備をしている時「どうしてこんなに費用がかかるの?」「いくらなんでも高すぎる!」と感じてしま…
  3. 雑誌とWEBを合わせた掲載自治体数は200自治体を超え、両掲載の返礼品数は15,000点を突破し、定…
  4. 「junijuni(ジュニジュニ)」は東京ガスが新提案する家計と地球にやさしいお買い物ができるシ…
  5. 太陽の1600倍の力の強力な紫外線(UVC)ライトと超音波のW作用でウイルス・細菌・ダニを徹底除…

おすすめ情報

  1. 初心者向けヴァイオリンレッスンDVD1弾~3弾電子ヴァイオリンセット

    難しい楽器、子供の頃から英才教育でやっている楽器、といえばヴァイオリンやピアノを挙げる方も多いのでは…
  2. アンケートに答えるだけで現金や金券と交換可能なポイントを稼ぐことができます

    簡単なアンケートに答えるだけでポイントが貯まります。貯めたポイントは、現金やギフト券、電子マネーに交…
  3. 退職したくてもできない人は退職代行ガーディアンに相談を!

    会社を辞めたいけど辞められていない方は多いと思います。一人で悩まずに一度相談してみてください。 ガ…
  4. 水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~

    スイマーの方たちが、悩んでいることは数多くあります。そのうちの一つが泳法です。 時代とともに、…
  5. 自費出版が丸ごとわかるガイドブックプレゼント!

    最近は30代から50代のベンチャー企業の社長や、個人でもビジネス要素の強い本を出版するケースが増えて…
ページ上部へ戻る