Home » オススメ情報 pick-up, 自己啓発、探求、学び » 葛飾北斎から学ぶ絵の描き方!絵を描くための手引書「略画早指南」


葛飾北斎から学ぶ絵の描き方!絵を描くための手引書「略画早指南」



 
今回は、いつもとちょっと違ったスキルアップをご提案しようと思います。

絵を上手く描きたいと思う人は是非最後までご覧ください!

 

江戸時代に活躍した浮世絵師であり、世界の美術史にも名を連ねる葛飾北斎の絵図は、日本はもちろん海外のアーティストにも、多大な影響を与えていることでも知られています。

大きな波が印象的な「神奈川沖浪裏」を始め、長年にわたり魅力的な作品を残した北斎。

その彼が手がけた絵を描くための手引き書「略画早指南」がネット上で公開され話題となっています。

 

コンパスなどを用いた幾何学的な作図法や効果的な筆使い、へのへのもへじを思わせる楽しい文字絵など、稀代の画家北斎の非凡な才能やセンスがうかがえる、見事な手引書を余すことなく堪能しましょう。

世界的にも有名な江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎が手がけた神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら:1831-1833年)は、「富嶽三十六景」の一つで、180年以上経った現代においても根強い人気を誇る絵図です。

葛飾北斎が残した傑作はこれだけではなく、生涯でおよそ3万点以上もの作品を残したといわれています。

 

その一つに「略画早指南」という本があります。

これは北斎漫画と同じように絵の描き方を教える手引書で、解説文よりも図が多いため、海外においても理解しやすい小粋な本として紹介されています。

・・・・・・続きは動画でご覧ください。

 






Top