Home » オススメ情報 pick-up, ハッピー・癒し・ワクワク, 近未来・SF・宇宙 » 時速1100キロ!イーロン・マスクの超高速(音速)輸送システム「ハイパーループ」計画と「Loop」計画


時速1100キロ!イーロン・マスクの超高速(音速)輸送システム「ハイパーループ」計画と「Loop」計画



 
今回は、未来の交通システム『ハイパーループ』を取り上げます。

またこの計画にもイーロン・マスク氏が登場するのですが、2017年6月、「ニューヨーク、フィラデルフィア、ボルティモア、ワシントンD.C.を地下で結ぶハイパーループ」について、「政府が口頭で承認」したとTwitterでつぶやきました。

ハイパーループは地下トンネルを利用した近未来的な超高速の大量輸送システムで、すでにマスク氏は、2016年末にトンネル掘削のためのボーリング・カンパニーという会社を立ち上げていて、ハイパーループが完成すれば、ニューヨークからワシントンD.C.までの移動時間は30分以下に短縮されるという事です。

 

ハイパーループより規模を縮小した「Loop」は、距離にして約56kmを自動運転のEVが疾走する仕組みとなります。

LoopはワシントンD.C.とボルティモアを結ぶ全長35マイル(56.3km)のトンネル2本からなり、バッテリーを搭載した「自動運転の電気自動車(EV)」が、最高時速150マイル(241.4km)で旅客を輸送します。

ワシントンからボルティモアまでの移動時間はわずか15分程度になる計算です。

運賃は「公共交通機関に近い額」になるとされています。

 

・・・・・・続きは動画でご覧ください。

 






Top