Home » オススメ情報 pick-up, ハッピー・癒し・ワクワク, 近未来・SF・宇宙, 都市伝説・陰謀論・真実 » アバターを活用した社会が身近に!「テレイグジスタンス」人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現するムーンショット目標


アバターを活用した社会が身近に!「テレイグジスタンス」人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現するムーンショット目標



 
今回は、遠隔操作ロボットの実用実験が注目される、Telexistence(テレイグジスタンス)社の動きについて取り上げます。

都市伝説ファンの人達なら内閣府が推進する「ムーンショット目標」についてご存じだと思いますが、初めて聞いたという方の為に簡単に説明させていただきます。

内閣府は2020年1月、「48回 総合科学技術・イノベーション会議」を開催しました。

この会議は、総理大臣と科学技術政策担当大臣が、総合的・基本的な科学技術・イノベーション政策を企画立案し、総合調整することを目的とした「重要政策に関する会議」の1つです。

この時、超高齢化社会などの社会課題に対し、人々を魅了する野心的な目標(ムーンショット目標)を国が設定し、挑戦的な研究を推進する研究開発制度の目標などを設定しました。

 

その中で注目されるのが、2030年までに、1つのタスクに対して、1人で10体以上のアバターを、アバター1体の場合と同等の速度、精度で操作できる技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。というものです。

シンプルに言ってしまえば、あと10年で社会の仕組みをガラリと変えようというものです。

ここ数年の技術の進歩は何も知らない人達からすれば、理解を超えて頭が真っ白になるぐらいのものです。

 

・・・・・・続きは動画でご覧ください。

 






Top