Home » スピリチュアル, ハッピー・癒し・ワクワク, 都市伝説・陰謀論・真実 » 神の記憶「アカシックレコード」地球のデータベース、宇宙のインターネットとは?!


神の記憶「アカシックレコード」地球のデータベース、宇宙のインターネットとは?!



 

今回はアカシックレコードについて掘り下げます。

アカシックレコードとは、元始からの全ての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶の概念で、アーカーシャあるいはアストラル光に過去のあらゆる出来事の痕跡が、永久に刻まれているという考えに基づいています。

宇宙の図書館や人生の書などとも言われていて、宇宙、地球、人類すべての歴史や未来に起きうる出来事についての情報が網羅されたデータバンクです。

わかりやすい表現としては「宇宙のインターネット」。

情報は常に更新され、アップデートされていると言われています。

 

都市伝説やオカルト分野で扱われることが多いので、ホラーや、悪魔崇拝的なイメージで処理する人が多くいます。

しかし、これらのイメージは支配者層による映画などを使った刷り込みだという説があります。

理由としては、財宝などが眠っているとされる領域に立ち入らないようにするために昔から、使われていた「近づくと呪われる」とか、「発掘に関わった人達が全員死亡」などの嘘情報の拡散という手法を用いたとされます。

超自然的なものとか、超能力と聞くと反射的に怪しいと感じてしまう人が多い事で理解できると思います。

その反面、パワースポットなどに出かけようとする人達が多く存在します。

 

これまでの歴史に学ぶと分かってきますが、一般庶民には嘘の情報を流して、自分たちは宝を追い求めるなんて言う事は繰り返されてきました。

学問で見ると分かりやすいかも知れません。

社会のピラミッドの上層にいる人たちは、帝王学を学びます。

しかし、下層へ近づくほど、帝王学の存在すら知りません。

情報がコントロールされているのです。

ですから自分が知らない情報に出会った時は、余計な既成概念は捨てて向き合う事が大切です。

 

では、アカシックレコードについての話に戻します。

アカシックレコードは、「宇宙に起こる出来事は、別の次元に存在するアカシックレコード上に記録されている。」という概念は理解できたと思いますが、人間の魂の活動も宇宙創造の時から記録が始まっていて、我々が感じることができる個人の意識より深い層(潜在意識)には、集合的無意識の世界があって、個人の体験を越えて、人類に共通した心の動き方の原型が、ここに潜んでいるとも考えられています。

例えるとすれば、インターネットが分かりやすく、クラウドストレージに各端末がアクセスして、データをコンピューターにではなく、クラウドに保存するイメージに似ています。

つまり、我々の脳は、そのアカシックレコードに対する送受信機であり、必要な情報をダウンロードして自らの記憶として認知する仕組みになっていると言えます。

こう考えれば、これまでは超能力と言われていた、テレパシーや、リモートビューイング(遠隔透視)なども理論的に可能だということになります。

ただ、先ほど話したように、これは我々の意識の深い層に存在しているとされています。

我々が普段生活している際に使っているのは顕在意識で、それらは潜在意識の中にあるとされているのです。

そのため、我々が個々にこの潜在意識にアクセスできなければ、このアカシックレコードを理解し感じることはできないと言えます。

そんなこともあり、アカシックレコードが存在する科学的根拠はないとされてきました。

しかし、現在では多くの科学者がアカシックレコードの研究で謎を解明しようとしています。

 

カリフォルニア・UCLA大学で行なわれた研究では、記憶が蓄えられるのは脳細胞を繋ぐシナプスであるという通説が覆される驚くべき結論を導き出されています。

この研究は、海のカタツムリであるアメフラシを使った実験で、

1,アメフラシの尾に刺激を与え、神経細胞にシナプスを形成させる。

2,それを確認後に神経細胞を阻害する薬物を投与する。

3,シナプスの記憶を消し、刺激を与える前の状態に戻す。

4,1と同じ刺激を与えると、2、3で刺激記憶が消されているはずなのにどこからか記憶が戻る。

これは、つまり記憶がシナプスではなく他の場所にあり、いったん形成された長期記憶は復元できることを暗示していて、「神経細胞が生きている限り、記憶はどこかに残っているため、アルツハイマー病患者は失われた記憶を取り戻せる」ということを意味すると言われています。

ただ、現代科学ではその記憶の保存先を突き止めるまでには至らなかったようです。

 

しかし、これまでの考え方や概念は覆されているのです。

多くの人達が、直感だと思っている「なんとなくわかっている、知っている感覚」というのは、アカシックレコードからの情報であることが多いとされます。

頭で考えても分からないけど、「何かおかしいと感じる」とか、過去に描いた未来像がそっくりそのまま実現しているなどという経験もあると思います。

もしかすると、歴史上の成功者と呼ばれるような人達は、アカシックレコードを使いこなしていたのかも知れません!

見えるものしか信じないという物質主義の時代はもう終わりをつげたと言われています。

つまり、目に見えないところに本質が隠されているので、過去に縛られずに、目に見えない本質を感じろということです。

これまで、偽物の教育やメディアなどの偽情報で支配されてきた脳を一度リセットしてみませんか?!

 

Related Posts






Top