Home » オススメ情報 pick-up, ミステリー・超常現象, 世の中のおかしな事・不思議な事, 都市伝説・陰謀論・真実 » PCR法の開発者が死の直前に警告!「PCR検査を感染症検査に使ってはいけない」キャリー・マリス博士の死因は肺炎!


PCR法の開発者が死の直前に警告!「PCR検査を感染症検査に使ってはいけない」キャリー・マリス博士の死因は肺炎!



 

今回は、PCR検査の開発者であるキャリー・マリス博士の死と、ディープステートの計画について掘り下げます。

1983年に、米国の生化学者キャリー・マリス氏によって、「PCR法」が発明されました。

PCRとは、ポリメラーゼ・チェーン・リアクション(Polymerase chain reaction)の頭文字をとった名称です。

日本語に訳せば、「ポリメラーゼ連鎖反応」。

「ポリメラーゼ」とは、単一の塩基をつなぎあわせて塩基の長い鎖をつくる酵素で、生物の体内ではさまざまなところに存在しますが、そのうちDNAの塩基をつなぎあわせて長い鎖をつくるものをDNAポリメラーゼといいます。

PCR法とは、このDNAポリメラーゼを用いて、指定したDNAを増幅させて、短時間で同じ配列のコピーを大量につくる方法です。

 

この発見は、分子生物学にとっての大革命と言われ、1993年にノーベル化学賞を受賞することになります。

その後、マリス氏はエイズの議論や科学者のありかた、環境保護運動に関して、言いたいことをズバズバ言うようになります。

エイズについては「HIVが原因であるとは断定できない。」

科学者のありかたについては、「官僚のかかわり方と資金配分を変えないかぎり、新たな科学の成果は期待できない」と断言。

環境保護運動のインチキについては、「地球環境というものはつねに変化することが特徴なのに、その変化に文句をつけて何になるのか」という正論です。

これにより、様々な団体がマリス氏の事を変人扱いするようになり、メディアなどを使い「LSDの常用者で、女癖の悪い変人」というイメージを刷り込むようになります。

歴史を振り返ると分かりやすいのですが、自分達の計画に都合の悪い人間が現れると同じようなパターンで貶められます。

最後まで悪魔に魂を売らなかったニコラ・テスラ、マイケル・ジャクソンの時もそうでした…。

このようにディープステートは同じような事を繰り返しているのです。

 

エイズに関しては、1981年 WHOが同性愛者、麻薬常習者の免疫不全 、カポジ肉腫などを一括し「エイズ 」と発表。

不治の病として世界を震え上がらせることになります。

しかし、時間が過ぎるごとにエイズが捏造であるとバレ始める事になります。

当初発表された同性愛や麻薬常習者などのエイズを調べていくと、それぞれが別の原因の異なる疾患であることが明らかになりました。

 

フランスのエチエンヌ・ド・アルヴァン医師は、

「エイズは 伝染病ではないし、そもそもウイルスが存在しない」

「非常に多くの人々が、「抗ウイルス薬の毒性」によって「死亡した」ことは、疑いようがありません」と語っています。

 

また、オーストリアの生物学者クリスタル・マイヤー女史は、

「 HIVは存在しません。HIVウイルスに見えるものは、実際には、免疫システムで、

これは身体の中で生み出されるものです」

「アフリカの人達は、健康な人たちが、有害なエイズ治療薬を投与されています。これは大量虐殺です」と語りました。

 

つまり、エイズは、単なる「薬害」であり、ウイルスが原因ではないし、伝染病でもない。

インチキ検査でHIV陽性とレッテルを貼られ、治療薬と称する猛毒によって殺されたのです。

 

そして、これこそ口封じといった感じの事件ですが、2014年7月18日、墜落したマレーシア航空機に国際エイズ学会がオーストラリアで開く、国際エイズ会議に出席予定の研究者ら約100人が搭乗していたと報じられました。

この時、開催される予定だったエイズ学会は、世界のエイズ研究者がエイズの真相について告発する極めて重大な会議だったのです。

PCR開発者のキャリー・マリス博士は、

「 私はついに理解した。なぜHIVとAIDSの因果関係を論じた参考文献がどんなに苦労しても見つからなかったかを。

それは、両者に因果関係がまったくなかったからである」と語っています。

また、「PCR検査を感染症検査に使ってはいけない」とも語っています。

その後、2019年8月7日に肺炎で亡くなることになります。

この時、この死は見過ごされていましたが、米ボストン大学とハーバード大学の研究チームの調査で、2019年8月にはサワニの流行が始まっていた可能性があることが分かったのです。

・・・これは偶然なのでしょうか?

 

現在も、マリス氏のメッセージをしっかり受け止め研究する人たちが存在します。

アンドリュー・カウフマン医師は、

「サワニは存在しないから、サワニに死者はつくり出せない。」

「グラフを見るとサワニ死者が増えるのと反比例して、他の原因による死者数が減っている。」と指摘。

 

スコット・ジェンセン医師は、

「全ての死亡例を、サワニ死にするように、政府から命令された。」

「サワニ感染と診断すれば、病院に1万3千ドル(約138万円)支給される。」

「呼吸器を使用すれば、3万9千ドル( 415万円 )支給される。」

「バスにひかれて死んでも、サワニ死にされる」と語りました。

 

崎谷博征医師は、

「PCR検査は、ある遺伝子の部分を増幅させる検査であって、ウイルスの存在自体を検出するものではありません」

「実際に検出されている遺伝子(RNA)が、培養細胞由来なのか、バクテリア由来なのか・・・」

つまり、そもそも何の遺伝子を見ているのか誰も分からないのです。

 

では、何のためにPCR検査を続けようとしているのでしょうか?

ディープステートの目的は、皆を恐怖に陥れ自分達に従わせること。

NWO(新世界秩序)を作り上げるために、重大な問題を推進、宣伝し、感染症で皆死んでしまうという恐怖を植え付けて彼らの解決策を示すのです。

WHO、CDC、大手製薬会社、ゲイツ、チャン、ザッカーバーグ、クリントン・グローバル・イニシアチブ・・・

現段階は、自分達の影響力を確かめるために、どの位人々を操作できるのかという「心理的な演習」をしていると見られます。

そして、次の段階は、

「マイクロチップを注入してください」

「ワクチン接種済みカードを受けとります」

社会は、「ワクチンを打たないとパスポートが取れません」

「マイクロチップがないと口座を作れません」などとなり、完全な管理社会への一歩が始まります。

 

皆さんは素直に従いますか?

いずれにしても、この嘘のような話が実際に起こっているとしたら世界中の人々が恐怖で震え上がり、思考停止状態となるまで仕掛けてくるでしょう。

ディープステートについても、かなり暴露されていますから、このタイミングを逃すと自分達が命取りになる事は理解しているでしょう。

我々にできる事は、常に冷静な判断ができる状態で、ディープステートが仕掛けてくる分断工作に引っかからないようにすることが大切です。

多くの人達がしっかりと繋がることが大切です!

 

Related Posts






Top