引き寄せの法則】マイナスの現実を引き寄せる事も

引き寄せの法則をプラス面でばかり捉えている人がいますが

それは大きな勘違いです。

潜在意識は、プラスもマイナスも、良いも悪いもなく

強い思いに反応し現実化しようとします。

例えば、「大金持ちになりたい」と表面的には願っていても

「貧乏のままだったらどうしよう」と心の底で強く思っていたら。

シンプルに強いエネルギーに反応し

貧乏な未来を引き寄せます。

大人になってくるとだんだん分かってくると思いますが、

例えば、

学生時代の部活などで、後輩に対してえらそうな先輩を見て

「自分はあんな先輩になりたくない。」

と思っていたはずが、自分も後輩に対して同じようなことをしていた。

あんな大人にはなりたくないと思っていたはずが、

実際には自分自身がそうなっていた。

多くの人が当てはまるはずです。

こんな体験談も聞いたことがあります。

いつもは「いってらっしゃい」と旦那さんを送り出していたのが

ある日、テレビでひどい事故のニュースを見て

「事故しないようにね」と送り出したら

夕方ごろに病院から「旦那さんが事故で運び込まれました。」

と連絡があり、病院に駆けつけると

旦那さんは生死の境をさまよっていたそうです。

その後は、無事に回復し退院したとのことですが、

どうしてその日に限って「事故しないようにね。」と

言ったのか、どうしてそのような事故が起こったのか

ずっと気になっていたそうです。

もちろん、たまたまという見方もできますが、

引き寄せの法則という観点からみると

大きな事故の映像を見た後の

「事故しないようにね。」という言葉の

事故というワードから連想される映像を

潜在意識がキャッチしていたとすると・・・

当然、それを現実化するために動き始めますので

事故を引き寄せる結果となります。

では、どうすればよかったのでしょう??

シンプルに考えてください。

「安全運転で、いってらっしゃい。」と

プラスの要素のみの言葉を選べばいいのです。

世の中には何かに対する反対運動をしている

人たちがいますが、

例えば、「戦争反対」と戦争を意識しながら

活動していると常に戦争のある状態を引き寄せます。

「平和でいきいきと暮らせる世の中にしよう。」と

活動した方がよいと思いますし、

応援する場合にもしっかりと選んだ方がよいと思います。

「失敗したらどうしよう。」ではなく

「成功したらどうしよう。」

「負けたらどうしよう。」ではなく

「勝ったらどうしよう」と

考え方や、言葉の選び方をちょっと変えてみてください。

これだけでも、積み重ねると大きな違いが生まれます。

ぜひ実践してみてください。

feelgoodweb master

投稿者プロフィール

好奇心旺盛なワクワク人間です!
人を驚かせたり、喜んでもらえる事をするのが好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ホメオスタシスの操り方
    運動器(骨・筋肉・関節・神経)の治療で悩む、すべての人。そして、変わりたいのに変われないと悩む、すべ…
  2. 結婚式の準備をしている時「どうしてこんなに費用がかかるの?」「いくらなんでも高すぎる!」と感じてしま…
  3. 雑誌とWEBを合わせた掲載自治体数は200自治体を超え、両掲載の返礼品数は15,000点を突破し、定…
  4. 「junijuni(ジュニジュニ)」は東京ガスが新提案する家計と地球にやさしいお買い物ができるシ…
  5. 太陽の1600倍の力の強力な紫外線(UVC)ライトと超音波のW作用でウイルス・細菌・ダニを徹底除…

おすすめ情報

  1. 初心者向けヴァイオリンレッスンDVD1弾~3弾電子ヴァイオリンセット

    難しい楽器、子供の頃から英才教育でやっている楽器、といえばヴァイオリンやピアノを挙げる方も多いのでは…
  2. アンケートに答えるだけで現金や金券と交換可能なポイントを稼ぐことができます

    簡単なアンケートに答えるだけでポイントが貯まります。貯めたポイントは、現金やギフト券、電子マネーに交…
  3. 退職したくてもできない人は退職代行ガーディアンに相談を!

    会社を辞めたいけど辞められていない方は多いと思います。一人で悩まずに一度相談してみてください。 ガ…
  4. 水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~

    スイマーの方たちが、悩んでいることは数多くあります。そのうちの一つが泳法です。 時代とともに、…
  5. 自費出版が丸ごとわかるガイドブックプレゼント!

    最近は30代から50代のベンチャー企業の社長や、個人でもビジネス要素の強い本を出版するケースが増えて…
ページ上部へ戻る