Home » 都市伝説・陰謀論・真実 » ワクチンは危険!?世界で取り合う利権!


ワクチンは危険!?世界で取り合う利権!



 
今回はワクチンについて探っていこうと思います。

 

毎年のように流行するインフルエンザに対して多くの人達が当たり前のようにワクチンを接種しています。

しかし、「ワクチンを接種したのにインフルエンザにかかってしまった」という人が多く存在します。

これはいったいどういう事でしょうか?

 

そもそもワクチンとは何かをしっかり理解して摂取しているのでしょうか?

 

考えてみてください、何か得体のしれないものを体内に入れているって気持ち悪くないですか?

しかし、このような考えは、テレビや新聞など、巨大なマスメディアの中でかき消されています。

 

パンデミックの恐怖とワクチンの必要性を繰り返し、ワクチン接種へと誘導しています。

知らず知らずのうちに「インフルエンザと言えば、ワクチン」という風になっているのです。

 

「毎年打ってるから」

「みんな打ってるから」

「テレビでも言ってるし・・・」

「職場で打てって言われるから」

「医者も薦めるから」

 

理由は人それぞれですが、「なぜ、やっているのか」と疑問を持たない事が危険な状態なんです。

 

テレビなどに出ないウイルスやワクチン専門家や、医療ジャーナリストは警告しています!

「インフルエンザ・ワクチンは全く効かないし危険である」と。。。

 

世界のワクチン市場の売上は、約2兆円とも言われています。

中でもインフルエンザワクチンは世界でも一番よく売れます。

毎年のインフルエンザ・シーズンにもなると小さな病院でも数百万円、大病院では数千万の利益になります。

ワクチンは、まぎれもない商品なんです!

 

ワクチンの原価は、350円。

医者は、1本約1000円で仕入れ、平均約3000円で販売しますが、価格は自由に決めれるので、ワクチンは医者にとっても利益を生みだすのになくてはならない商品です。

しかも、売れ残りは返品が効きません。翌年は使えません。

ですから、その年にインフルエンザが流行ろうが流行るまいが、おかまいなしに接種を薦めます。

毎年この繰り返しですから、本当に効いているのかどうか十分に議論されることがないのです。

 

では、ワクチンとは一体どういうものなんでしょうか?

ワクチンとは、簡単にいえば病原体を体に注射することです。

弱ったウイルスを打つ生ワクチン。

ウイルスの死体を打つ不活化ワクチン。

ウイルスの毒素を無毒化して打つトキソイドの3種類あります。

インフルエンザワクチンは、ウイルスの死体を打つ不活化ワクチンです。

 

理解してほしいのは、すべてのワクチンは免疫を刺激するもので、無毒なワクチンはないということです。

いくら、ウイルスを弱体化した、不活性化した、無毒化したといっても、それを注射された人体は、それを毒とか害敵として認識するのです。

 

弱ったウイルスや死んだウイルスをあらかじめ、打っておくと、そのウイルスに対しての抗体ができます。

その後、ウイルスに感染したときには、以前にできた抗体があるので、感染を予防できる、というわけです。

ところがインフルエンザウイルスは速いスピードで小変異を繰り返します。

よって、インフルエンザにかかって、免疫があるはずなのに、またかかってしまうという事が起こります。

 

インフルエンザワクチンの学校での集団予防接種は、1994年以降、全国で中止されています。

そのきっかけは前橋医師会による調査で、インフルエンザワクチンに予防効果がないことが証明されたからです。

これほど大規模で長期間にわたる正確な疫学的データは、日本にも世界にもいまだに存在しません。

 

一方、厚労省は、CDC(米国疾病管理センター)などの外部の調査データを引用するだけで、独自の調査をしていません。

それらのデータは、前橋データよりも、規模も小さく、期間も短い統計調査で、調査方法の異なる、ばらばらの都合のよいデータのみを集めたものです。

それらを根拠にワクチンの有用性を主張しているのです。

 

予防効果が疑われるにもかかわらず、危険性はあるのがインフルエンザワクチンです。

この副作用の実態が知られたのは2003年です。

 

ある議員の質問に答えて厚労省が初めて、ワクチンの副作用数を公開しました。

公開された内容の中には2000年の副作用が82人(うち3人死亡)、2001年副作用87人(うち4人死亡)とありました。

重い副作用には、ギランバレー症候群という末梢神経に炎症が起きて神経が破壊される病気があります。

後遺症が残ることがあるため非常に心配されます。

 

厚労省ホームページで、ワクチンの副反応(薬害事故)の報告数を閲覧できます。

実際には、報告されない相当な数の副反応が推測されますが。

 

乳児や妊婦には、ワクチンの中の保存料(チメロサール)に含まれる水銀の影響で、自閉症を起こす危険があります。

シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒド。

アルツハイマーの原因とされるアルミニウム。

自閉症の原因とされる水銀。

この他にもゴムやゼラチンなど、アレルギーを持つ人には、危険なものばかりです。

これらの物質をウイルスとともに体内に入れるわけですから、体に良いわけがありません。

 

感染症の専門医、ホルト-フ博士は、「自分の子供には打たせない。危険すぎる。」と断言しています。

 

これらの情報を信じるも、信じないもあなた自身の判断しかありません。

大切なのは事実をしっかりと受け入れ、どう対処するかです。

 

この動画が少しでもお役に立てたとしたら幸いです。

 

Related Posts






Top