Home » 都市伝説・陰謀論・真実 » 「アジェンダ21/人口削減計画」2030年までに人口の95%を削減!


「アジェンダ21/人口削減計画」2030年までに人口の95%を削減!


今回は、「そんなのウソでしょ!」となりがちな話に焦点を当てようと思います。

都市伝説や、陰謀論として語られていることのひとつに、意図的な人口削減が企てられているという内容のものがあります。

その数が半端ではありません。

なんと地球人口の95%が削減されるというものです。

 

これは陰謀論でもなんでもなく実際に議論されています。

別の機会に紹介しますが、WHOの計画や、ビル・ゲイツ財団の計画にも結び付いてきます。

 

地球規模での人口削減ということになれば、国際的な結びつきが必要になってくると思います。

1992年6月にリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミットで採択された「アジェンダ21」が人口削減についての国際社会のガイドラインになっているとされてます。

アジェンダ21は、貧困の撲滅や環境汚染対策など、将来への持続可能な文明を実現するための国際的な行動指針です。

 

内容は、4つのセクションから構成されており、各組織の役割や具体的な実施手段も策定済みで、単なる努力目標の理念や理想だけを掲げたものではないのが特色です。

つまり各国がすぐに取り組み、着々と実施することに主眼が置かれているのです。

条約のような拘束力はないアジェンダ21ですが、各国に実質的に取り組んでもらうことが最優先であるようです。

 

オルタナティブ保守系サイト「End Of The American Dream」によると、アジェンダ21は1997年、2002年、2012年にまず大きな修正が施されたということで、さらに2015年に具体的な方針を盛り込んだ改訂版が作成され、9月にアメリカ・ニューヨークで開催された国連のサミットで発行されることになりました。

その内容は、2030年までになんとしても実現すべきことを「待ったなし」で各国に迫るものでした。

 

情報サイト「Disclose.tv」などによれば、提言の中には明らかに人口削減を意図するガイドラインも含まれているというのです。

「環境に対して、人間社会が影響を及ぼしているどの地域においても、国連をはじめ政府と大組織による、地球規模、国家規模、地域規模の包括的な実施計画が行われることになります」(「アジェンダ21」より)

 

環境破壊と人口過剰による持続可能性の危機の問題に直接有効なのが人口削減であるといいます。

2030年までの達成目標として掲げられているのが、なんと、現在地球上で70億人を突破した人口の95%が「削減」です。

これは、かなりの衝撃です。

 

具体的な数字としては、現在70億人以上の世界人口を5億人にするということらしいのです。

この「5億人」という数字はどこから出てくるのでしょうか?

 

「ジョージア・ガイドストーン」というものをご存じでしょうか?

 

アメリカ・ジョージア州エルバート郡某所に1980年に建てられた謎のモニュメント、「ジョージア・ガイドストーン」は、何かと陰謀論的な話題にされる建造物でありますが、6枚の大きな花崗岩の石板が組み合わさった状態で並び、その板面には8カ国(英語、スペイン語、スワヒリ語、ヒンディー語、ヘブライ語、アラビア語、中国語、ロシア語)の言語で、それぞれ「10のガイドライン」が刻まれています。

 

「10のガイドライン」の文言とは、

1. 大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する

2. 健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く

3. 新しい生きた言葉で人類を団結させる

4. 熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する

5. 公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する

6. 外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する

7. 狭量な法律や無駄な役人を廃す

8. 社会的義務で個人的権利の平衡をとる

9. 無限の調和を求める真・美・愛を賛える

10.地球の癌にならない。自然の為の余地を残すこと。自然の為の余地を残すこと

 

ここで注目すべきは最初の文言にある「人類は5億人以下」というものです。

 

この「ジョージア・ガイドストーン」が建てられた経緯は、いまだ明確にはなっていませんが、明らかに陰謀論的な、世界でたった1%と言われる支配者層の意向をあらわした「上から目線」のメッセージが綴られていると思えます。

NWO(ニューワールドオーダー・新世界秩序)、世界統一政府の実現が暗に示されているともいえます。

 

そして、この「理念」がアジェンダ21に反映されていて、2030年までに実現することが世界のエリート層の間で2015年に決まったということなんです。

ではこの「5億人」を達成するための動きはどうなっているのでしょうか?

 

聖書的には「最後の審判」、スピリチュアル的には「アセンション」で人類が選別されるという手はずになっているのですが、

終末の日を待たずとも、実はその選別はすでにはじまっているという主張があります。

 

ドキュメンタリー映画『The Great Culling / The Truth About Our Water』(大選別、水道水の真実)によれば、すでに我々が日々口にしている水道水や食物、医薬品にはじまり、今こうして呼吸している空気までもが有害な化学物質にまみれているというのです。

これこそがすでにはじまっている「大選別」で、我々は気づかないうちに化学物質に毒されていて、不妊の蔓延、短命化が起こっているといいます。

つまり日常的に晒されているこれらの化学物質によって、我々は遺伝子的に絶滅させられようとしているというのです。

 

FEELGOODの活動でも30年前ぐらいから発信していますが、水道水の塩素、トリハロメタン、シャンプーや洗剤などの日用品に入った発がん性物質、空気中のPM2.5など数えきれないほどあります。

社会の上層にいるエリート層は早くから「水道水は飲まない。」「オーガニック食材を選ぶ。」などしていますが、一般の人達は、価格を重要視し中身をあまり気にせずに物を選んでいます。

現実を知り、しっかり対策をとっているエリート層と、これらの化学物質への耐性を遺伝子レベルで獲得した人々が生き残るように仕組まれています。

この人々の総計が「5億人」なんです。

 

2030年までの間にどんなことが起るというのでしょうか?

 

もしこの改訂版・アジェンダ21が鋭意進行中であるとすれば、今回のコロナウイルス感染拡大も繋がってきます。

そして、次の流れとしては、ワクチン拡散計画が予測できます。

 

何度も言いますが、これはフィクションではありません。

 

情報には特徴があります。

「真実の中に紛れる大きな嘘と、つまらない嘘の中に紛れる大切な真実」

しっかりと見抜く力を身につけましょう!

Related Posts






Top